トップページ > 診療内容

診療内容

当院の目標と特色

小児科専門医として常に良質な医療を追求し、病気や検査、治療方針について、できるだけ分かりやすい言葉でていねいに説明するように心がけます。

ご家族やお子さんと話し合いながら、それぞれのお子さんの個性を尊重した最もふさわしい治療方針を選んでいきます。

院内で感染する機会を減らすために、隔離待合室への入り口を別に設け、また、待ち時間を減らすために 携帯電話を使って予約や待ち状況の確認することができる工夫をしています。

予防接種をより安全に受けていただけるように、接種後は一定時間が経過するまで院内で観察をします。また、土曜日の午後にも接種日を設けています。

医薬分業とすることにより薬剤師によるダブルチェックを可能とし、また、近隣の医療機関との連携を大切にしてより安心していただける医療を提供します。

院長の紹介

福原仁雄(ふくはらひとお)。1961年田辺市生まれ。

1986年岡山大学医学部卒業。医学博士。

日本小児科学会認定専門医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本医師会認定産業医、日本渡航医学会認定医。

京都大学医学部附属病院、福井赤十字病院、近畿大学医学部附属病院、日赤和歌山医療センター勤務を経て、2006年1月から福原医院(田辺市)で父とともに診療。2009年9月にふくはらこどもクリニックを開院しました。

和歌山市、田辺市の学童心臓検診のお手伝いをしています。

個人情報の取扱いについて

当クリニックでは、患者様の個人の情報を医療保険事務・会計・経理・診療・医療情報サービスの提供のために使用しております。

また、患者様からご同意を頂いた場合、および法令に基づき司法機関、行政機関から法的義務を伴う要請を受けた場合を除き、ご提供いただいた個人情報、カルテの情報は一切提供、開示致しません。

ワクチンの保管について

当クリニックでは、予防接種のためのワクチンの保管に細心の注意を払っています。

ワクチンは、保管方法が悪いとせっかく接種しても十分な効果を発揮できません。当クリニックでは、庫内の温度が一定になるように制御可能な医療用冷蔵庫や専用冷凍庫でワクチンを保管しています。また、落雷などによる突然の停電にも対応できるように、無停電装置を設置しています。長時間にわたる停電に対しては、自家発電装置も準備して万全を期しています。

PickUp 非常用蓄電装置(CONNEXX BB0040PE1)

PickUp 自家発電装置(Shindaiwa iEG5500M-Y)